java 「Apache Commons Lang」の「StringUtils」を利用してnullと空文字チェックを行う

java 「Apache Commons Lang」の「StringUtils」を利用してnullと空文字チェックを行う

javaでライブラリ「Apache Commons Lang」の「StringUtils」を利用してnullと空文字チェックを行うまでの手順を記述してます。開発環境にはeclipseを使用してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • eclipse Version: 2020-06 (4.16.0)
  • java 14.0.1

Apache Commons Lang追加

まずはライブラリをプロジェクトに追加します。
こちらのサイトからダウンロード可能です。

「commons-lang3-3.11-bin.zip」ダウンロードします。

「commons-lang3-3.11-bin.zip」を解凍しておきます。

プロジェクトを右クリックして「プロパティ」をクリックします。

Javaのビルドパスを選択します。

外部JARの追加をクリックします。

commons-lang3-3.11.jarを選択します。

適用して閉じるをクリックします。

これで「Apache Commons Lang」が使用できるようになります。

StringUtils使用

StringUtilsクラスを使用してnullと空文字チェックを行います。

実行結果は、下記の通りとなります。isEmptyは「null」と「空文字」の判定が可能で、isBlankは「null」と「空文字」と「空白」の判定が可能です。

StringUtilsクラスは、文字列がnullであっても、NullPointerExceptionが発生しないようになってます。