Centos8 監視ツール「Sensu」をインストールする手順

Centos8 監視ツール「Sensu」をインストールする手順

CentOS8に監視ツール「Sensu」をインストールするまでの手順を記述してます。

環境

  • OS CentOS 8.1.1911 (Core)

リポジトリ追加

リポジトリを追加します。

Sensuインストール

sensuのインストールを行います。

起動と自動起動の設定を行います。

ステータスを確認しておきます。

Sensu初期化

管理者とパスワードの設定を行います。
※任意のものを設定してください。

初期化を行います。

Firewall設定

firewallが有効な場合は設定を行います。

Sensuアクセス

ブラウザから http://プライベートIP:3000 にアクセスします。

設定した管理者とパスワードでサインインします。