javascript 相関係数を求める

javascript 相関係数を求める

javascriptで、相関係数を求めるサンプルコードを記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Apache 2.4.43
  • ブラウザ chrome 100.0.4896.60

相関係数を求める

相関係数を求めるには、以下の式で可能です。

「reduce」を使用して。それぞれ必要な平均値や標準偏差を求めて計算してみます。

'use strict'

const p = (obj) => {

  const n = obj.length;

  // X の 平均値
  const X = obj.reduce((sum, v) => sum + v.x, 0) / n;

  // Y の 平均値
  const Y = obj.reduce((sum, v) => sum + v.y, 0) / n;

  // XとY の 掛け算の平均
  const XY = obj.reduce((sum, v) => sum + v.x * v.y, 0) / n;

  // Xの標準偏差
  const SX = obj.reduce((sum, v) => sum + Math.pow(v.x - X, 2), 0) / n;

  // Xの標準偏差
  const SY = obj.reduce((sum, v) => sum + Math.pow(v.y - Y, 2), 0) / n;

  // 共分散
  const c = (XY - X * Y)

  // 相関係数
  const result = c /( Math.sqrt(SX) * Math.sqrt(SY) )

  return result;

}

const obj = [
  { x: 50, y: 40 },
  { x: 60, y: 70 },
  { x: 70, y: 90 },
  { x: 80, y: 60 },
  { x: 90, y: 100 },
]

console.log(p(obj))

実行結果を見ると相関係数が計算されていることが確認できます。

サンプルコード

以下は、
「実行」ボタンをクリックすると、用意したオブジェクトから相関係数を計算して表示する
サンプルコードとなります。

※cssには「tailwind」を使用してます。関数はアロー関数を使用してます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
  <meta charset="utf-8" />
  <title>mebeeサンプル</title>
  <link href="https://unpkg.com/tailwindcss@^1.0/dist/tailwind.min.css" rel="stylesheet" />
</head>

<script>

  const hoge = () => {

    const obj = [
      { x: 50, y: 40 },
      { x: 60, y: 70 },
      { x: 70, y: 90 },
      { x: 80, y: 60 },
      { x: 90, y: 100 },
    ]

    const p = (obj) => {

      const n = obj.length;

      // X の 平均値
      const X = obj.reduce((sum, v) => sum + v.x, 0) / n;

      // Y の 平均値
      const Y = obj.reduce((sum, v) => sum + v.y, 0) / n;

      // XとY の 掛け算の平均
      const XY = obj.reduce((sum, v) => sum + v.x * v.y, 0) / n;

      // Xの標準偏差
      const SX = obj.reduce((sum, v) => sum + Math.pow(v.x - X, 2), 0) / n;

      // Xの標準偏差
      const SY = obj.reduce((sum, v) => sum + Math.pow(v.y - Y, 2), 0) / n;

      // 共分散
      const c = (XY - X * Y)

      // 相関係数
      const result = c / (Math.sqrt(SX) * Math.sqrt(SY))

      return result;

    }

    // オブジェクトを表示
    foo.innerHTML = JSON.stringify(obj);

    // 相関係数を表示
    result.innerHTML = p(obj);

  };

  const p = (obj) => {

    const n = obj.length;

    // X の 平均値
    const X = obj.reduce((sum, v) => sum + v.x, 0) / n;

    // Y の 平均値
    const Y = obj.reduce((sum, v) => sum + v.y, 0) / n;

    // XとY の 掛け算の平均
    const XY = obj.reduce((sum, v) => sum + v.x * v.y, 0) / n;

    // Xの標準偏差
    const SX = obj.reduce((sum, v) => sum + Math.pow(v.x - X, 2), 0) / n;

    // Xの標準偏差
    const SY = obj.reduce((sum, v) => sum + Math.pow(v.y - Y, 2), 0) / n;

    // 共分散
    const c = (XY - X * Y)

    // 相関係数
    const result = c / (Math.sqrt(SX) * Math.sqrt(SY))

    return result;

  }

  window.onload = () => {
    // クリックイベントを登録
    btn.onclick = () => {
      hoge();
    }; // document.getElementById('btn');を省略
  };

</script>

<body>
  <div class="container mx-auto my-56 w-56 px-4">
    <div class="flex justify-center">
      <p id="foo" class="bg-teal-500 text-white py-2 px-4 mb-3 mt-4">
        変数
      </p>
    </div>

    <div class="flex justify-center">
      <p id="result" class="bg-yellow-500 text-white py-2 px-4 mb-3 mt-4">
        結果
      </p>
    </div>

    <div class="flex justify-center">
      <button id="btn" type="button"
        class="mt-5 bg-transparent border border-red-500 hover:border-red-300 text-red-500 hover:text-red-300 font-bold py-2 px-4 rounded-full">
        実行
      </button>
    </div>
  </div>
</body>

</html>

計算されていることが確認できます。