javascript ランダムな整数の二次元配列を生成する

javascript ランダムな整数の二次元配列を生成する

javascriptで、ランダムな整数の二次元配列を生成するサンプルコードを記述してます。

環境

  • OS windows11 home
  • Apache 2.4.43
  • ブラウザ chrome 99.0.4844.84

ランダムな整数の二次元配列を生成

ンダムな二次元配列を生成するには、2つのランダムな配列を用意して、これらから二次元配列を生成します。

// ランダムな2個の整数1桁の配列を2つ生成
const arr1 = Array(2).fill().map(x =>Math.floor(Math.random() * 10));
const arr2 = Array(2).fill().map(x =>Math.floor(Math.random() * 10));

console.table( [arr1,arr2] )

実行結果

パフォーマンスが気になるのであれば、「for」文を使用しても可能です。

const arr1 = []
const arr2 = []

for (let i = 0; i < 2; i++) {
  arr1.push(Math.floor(Math.random() * 10)); // 生成
}

for (let i = 0; i < 2; i++) {
  arr2.push(Math.floor(Math.random() * 10)); // 生成
}

console.table( [arr1,arr2] )

100万回同じ処理を実行して、パフォーマンスを測定した結果は以下となります。

実行回数:1000000回 関数名:for      実行時間:106(ms)
実行回数:1000000回 関数名:Array().fill() 実行時間:335(ms)