javascript イベント発生元のフローを取得する

javascript イベント発生元のフローを取得する

javascriptで、イベント発生元のフローを取得するサンプルコードを掲載してます。ブラウザはchromeを使用しています。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Apache 2.4.43
  • ブラウザ chrome 91.0.4472.77

イベント発生元のフローを取得

イベント発生元のフローを取得するには、「Event.eventPhase」を使用します。

戻り値フロー
0なし
1キャプチャ
2ターゲット
3バブリング

実行結果を確認すると、ボタンをクリックすると、クリックされたボタンの要素( 戻り値 2 )の親要素 ( 戻り値 3 ) までのイベントが取得されていることが確認できます。

また、以下のコードを、

アロー関数とdocument.getElementByIdを省略して、簡潔に記述することもできます。

サンプルコード

以下は、
親子関係にある、各要素のクリックイベントでイベント発生元のフローを表示するサンプルコードとなります。

※cssには「tailwind」を使用して、アロー関数で関数は定義してます。

実行結果を確認すると、親要素のまでのフローが表示されていることが確認できます。