Ruby timesで指定した回数繰り返し処理を行う

Ruby timesで指定した回数繰り返し処理を行う

Rubyで、timesを使用して、指定した回数繰り返し処理を行うサンプルコードを記述してます。rubyのバージョンは2.7.2を使用してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • ruby 2.7.2p137

times使い方

timesを使用すれば、指定した回数繰り返し処理を行うことが可能です。

以下は、指定した回数繰り返し処理を行うサンプルコードとなります。

ブロック構文で記述することが可能です。

また、timesを使用して「文字列」を指定回数表示させることもできます。