javascript ctrlKeyプロパティでctrlキーが押されているかを判定する

javascript ctrlKeyプロパティでctrlキーが押されているかを判定する

javascriptで、ctrlKeyプロパティを使用して、ctrlキーが押されているかを判定するサンプルコードを掲載してます。ブラウザはchromeを使用しています。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Apache 2.4.43
  • ブラウザ chrome 84.0.4147.105

ctrlKeyプロパティ使い方

ctrlKeyプロパティを使用すると、ctrlキーが押されているかを判定することが可能です。

ctrlKeyプロパティ使い方

実行結果は、「Ctrl」キーを押さずにbuttonをクリックすると「Ctrlキーが押されてます」とコンソールに表示され、押されていると「Ctrlキーは押されてません」と表示されます。

macのsafari(13.1.1)だと、metaKeyを使用して「command」キーを判定します。

また、以下のコードを、

document.getElementByIdの省略と三項演算子と、関数をアロー化して、簡潔に記述することもできます。

サンプルコード

以下は、
「実行」ボタンをCtrlキーを押しながらクリックされるたびにカウントして、カウントした数を表示する
サンプルコードとなります。

※cssには「tailwind」を使用して、アロー関数で関数は定義してます。

カウントされていることが確認できます。