javascript addEventListenerのコールバック関数に引数を渡す

javascript addEventListenerのコールバック関数に引数を渡す

javascriptで、addEventListenerのコールバック関数に引数を渡すサンプルコードを掲載してます。ブラウザはchromeを使用しています。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Apache 2.4.43
  • ブラウザ chrome 84.0.4147.105

引数を渡す

コールバック関数で使用する引数は、基本的にはコールバックを呼び出す側で決まっているため、引数を自由に指定することができませんが、handleEventをメソッドとしたオブジェクトを使用することで、渡すことができます。

実行結果を確認しても、ちゃんとnameに指定した値が取得できていることが確認できます。