javascript lastChildで最後の子ノードを取得する

javascript lastChildで最後の子ノードを取得する

javascriptで、lastChildを使用して、最後の子ノードを取得するサンプルコードを掲載してます。ブラウザはchromeを使用しています。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Apache 2.4.43
  • ブラウザ chrome 84.0.4147.105

lastChild使い方

lastChildを使用すると、最後の子ノードを削除することが可能です。
※ノードは、要素ノードだけでなく、改行を含んだテキストノードやコメントノードも存在します。

lastChild使い方

実行結果を見ると、最後の子ノードが取得されていることが確認できます。

今度はテキストノードを取得してみます。

実行結果をみると、親要素ノードからテキストノードが取得できていることが確認できます。

また、以下のコードを、

document.getElementByIdの省略を使用して、簡潔に記述することもできます。

サンプルコード

以下は、
「変更」ボタンをクリックして、最後の子テキストノードを取得して変更するだけの
サンプルコードとなります。

※cssには「tailwind」を使用して、アロー関数で関数は定義してます。

最後のテキストノードが変更されていることが確認できます。