C# 剰余演算を計算する

C# 剰余演算を計算する

C#で、IEEERemainderメソッドを使用して、剰余演算を計算するサンプルコードを記述してます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Microsoft Visual Studio Community 2019 Version 16.7.1

IEEERemainderメソッド使い方

IEEERemainderメソッドを使用すると、剰余演算を計算することが可能です。

double x, y, answer;

x = 3;
y = 2;

// x - (y * Math.Round(x / y))
answer = Math.IEEERemainder(x, y);
Console.WriteLine(answer); // 結果 -1

サンプルコード

以下は、
textboxに入力した剰余演算を計算した結果を、別のtextboxに表示する
サンプルコードとなります。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;


namespace FormTestApp
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            double x, y, a;

            x = Convert.ToDouble(textBox1.Text); // 変数1
            y = Convert.ToDouble(textBox2.Text); // 変数2

            // 変数1 ÷ 変数2の剰余演算を求める
            a = Math.IEEERemainder(x, y);
            textBox3.Text = a.ToString();

        }
    }
}

剰余演算を計算した結果が表示されることが確認できます。