php ライブラリ「filp/whoops」を使ってエラー画面を見やすくに表示する

php ライブラリ「filp/whoops」を使ってエラー画面を見やすくに表示する

phpでライブラリ「filp/whoops」を使ってエラー画面を見やすくキレイに表示するまでのサンプルコードを記述してます。composerを使用して「filp/whoops」はインストールしてます。

環境

  • OS windows10 pro 64bit
  • Apache 2.4.43
  • PHP 7.4.5
  • Composer 1.10.5

※windows10にApacheのインストールはこちら
※windows10にphpのインストールはこちら
※Windows10にComposerのインストールはこちら

filp/whoopsインストール

phpが動作しているフォルダで、composerを使用してインストールします。

自分の場合は、下記にインストールしました。

filp/whoops利用

「C:\Apache24\htdocs」に「test.php」を下記のコードで作成します。
※ここでは存在しないファイル「nofind.txt」を指定してエラーを発生させてます。

実行結果を確認すると、エラー画面がわかりやすくキレイに表示されていることが確認できます。