docker-composeを使ってgitlabを構築する

docker-composeを使ってgitlabを構築する

docker-composeを使用してgitlabを構築する手順を記述してます。日本語化してリポジトリを作成してpushのするまでの手順を記述してます。

環境

  • OS 7.7.1908 (Core)
  • docker 19.03.8
  • docker-compose 1.25.4

※CentOs7 最新版のdockerをインストール手順はこちら

docker-compose.yml作成

gitlab用のdocker-compose.ymlがこちらにあったので、これを利用します。

データの永続化やバックアップの設定など、網羅的に設定できるの非常に使い勝手がいいです。

  • GITLAB_BACKUP_SCHEDULE daily 日毎にバックアップ
  • GITLAB_BACKUP_TIME 1:00 バックアップの時間

起動

firewallを設定されていれば、10080を開放しておきます。

下記のコマンドでコンテナの作成と起動します。

作成されたホスト側のVolumeです。

gitlab初期設定

ブラウザから http://プライベートIP:10080/にアクセスすると下記の画面が表示されます。

rootのパスワードの設定が求められるので入力します。

さきほど設定したパスワードで
ユーザー : root
でログインします。

下記の画面が表示されれば、構築は完了です。

gitlab日本語化

まずは日本語化します。
画面右上のアイコンを選択して「Settings」をクリックします。

左にある「Preferences」をクリックします。

画面下の方にスクロールすると 「Localization」があるので、ここで日本語を選択します。

日本語を選択したら、「save changes」ボタンをクリック

簡単に日本語化されます。

リポジトリ作成

リポジトリを作成してみます。「Create a project」をクリックします。

任意のプロジェクト名を入力して、ここではプライベートにして「プロジェクトを作成」をクリックします。

プロジェクトが作成されます。

プロジェクトが作成されたので、今回利用したymlファイルをpushしてみます。

設定してなければ ユーザー名とEmailアドレスを設定します。
※gitを利用する場合は、必要となります。

下記のコマンドを実行して、pushを行います。