Hyper-VにKali Linuxをインストールして利用する

Hyper-VにKali Linuxをインストールして利用する

Hyper-V上に DebianベースのLinux「Kali Linux」の構築手順を記述してます。

環境

  • OS  windows10 バージョン1903
  • Hyper-V バージョン: 10.0.18362.1

Kali Linuxダウンロード

こちらのサイトよりダウンロード可能です。

クリックすると「kali-linux-2020.1a-installer-amd64.iso」がダウンロードされます。

仮想マシンを作成

hyper-vを起動

操作>新規>仮想マシンを選択

次へを押下

わかりやすい名前を設定し、次へを押下

第2世代対応なので、第2世代を選択

後で変更も可能ですが、3GBくらいに設定しておく

これも後で選択可能なので、とりあえず「Default Switch(規定のスイッチ)」を選択

「次へ」をクリック。HDDに余裕がない方は、サイズを調整して下さい

さきほどダウンロードしたisoファイルを選択します。

最終確認が表示されるので問題なければ「完了」をクリックします。

起動設定

これで仮想マシンが作成されたので、初期設定を行う。作成したマシンを右クリックして設定をクリックし、設定画面を開く

セキュリティブートを有効にするのチェックを外す。

あとは仮想マシンを右クリックし、起動を選択

Kali Linuxインストール

Kali Linuxをインストールしていきます。起動をクリックするとKali Linuxが起動します。

日本語を選択します。

日本を選択します。

日本語を選択します。

ホスト名を設定します。ここでは「mebee」としました。

ドメインに参加させるなら入力してください。

ユーザーを作成します。ユーザー名を入力してください

パスワードを入力します。

仮想環境なのでディスク全体を使うを選択します。

ディスクを選択して「続ける」をクリックします。

「すべてのファイルを1つのパーティションに」を選択して続けるをクリックします。

「続ける」をクリックします。

「はい」を選択して「続ける」をクリックします。

インストールが開始されます。

プロキシは利用しないので空欄で「続ける」をクリックします。

特に追加したいものがなければ、そのまま「続ける」をクリックします。

インストールが完了しました。

再起動がかかり、ログイン画面が表示されます。

作成したユーザーとパスワードでログインします。

成功するとディスクトップが表示されます。

アップデート

下記のコマンドでアップデートだけしておきます。

ssh有効も有効にしておきます