Vue.js vue-functional-calendarを使用してカレンダーを実装する

Vue.js vue-functional-calendarを使用してカレンダーを実装する

vueのライブラリである、軽量かつ高性能なカレンダー「vue-functional-calendar」の簡単な使い方。月や曜日の表記も日本語にすることも可能です。

環境

  • OS  CentOS 8.0.1905 (Core)
  • node v12.13.1
  • npm 6.13.2
  • @vue/cli 4.1.1

※CentOS8にVue.jsの環境構築はこちら

Vue環境構築

下記のコマンドで構築。今回は、vueappという名前でプロジェクトを作成してます。

プロジェクト作成時は、defaultを選択してます 。

vue-functional-calendarインストール

下記の手順でインストールします。

vue-functional-calendar使い方

src配下のApp.vueを下記のように編集します。

月や曜日を日本語に変換してます

起動します。

下記のエラーが発生

sass-loaderがないとのことなので、インストールします。

一旦停止して、再度起動します。

ブラウザから http://プライベートIP:8080 に アクセスするとカレンダーが表示され、月と曜日が日本語表示で表示されていることが確認できます