CentOs8 n packageを利用して最新版のnodejs環境を構築する

CentOs8 n packageを利用して最新版のnodejs環境を構築する

標準リポジトリだとバージョンは10.16.3だったので、最新バージョンを利用するためn packageを利用して環境を構築します。

環境

  • OS  Centos 8.0.1905 (Core)

標準リポジトリバージョン確認

10.16.3なので、最新バージョンの安定版である12.13.1( 2019年/12月 時点 )をインストールするためにn packageを利用する。

n package インストール

n packageをインストールするため、まずnodeをインストールします。

nがインストールできたので、最新版のnode.jsをインストールします

さきほどインストールしたnodejsはアンインストールしておきます。

シェルも再起動しておきます。

node.jsバージョン確認

node.jsのバージョンを確認してみます。

12.13.1になっていることが確認できます。

npmのバージョンも確認しておきます。

6.12.1となってますが、最新は現時点( 2019年12月 )では6.13.2なので、アップデートしておきます。