Ubuntu19.10に最新版のmongoDBをインストール

Ubuntu19.10に最新版のmongoDBをインストール

データをjson形式で取り扱うmongoDBをubuntuにインストールして利用するまでの手順。インストール対象のバージョンは4.2.1となります。 リポジトリの登録から行います。

Ubuntuバージョン

ubuntu19.10

インストール

最新版のmondoDBを使用するため、まずリポジトリを登録する

インストールを実行する

mongodbをshellで利用してみる

mongoコマンドを任意のDBを指定して実行。ここではtestdb

テーブルを作成して、データをinsertする

外部接続を可能にする

confファイルを設定して、外部から接続可能に設定する

下記を編集

firewall設定

確認してみる

MongoDB Compassから接続

windows環境にインストールしてあるMongoDB Compassからも接続確認してみる

※ MongoDB Compassはこちらからダウンロード可能です。 MongoDB Compassのwindowsへのインストール手順はページ下部に記載

HostnameにプライベートIPを入力して「CONNECT」ボタンをクリック

正常に接続でき、さきほど作成したtestdbが確認できます

MongoDB Compass のインストール手順

こちらより環境を選択して「Download」ボタンをクリックしてダウンロード

今回は「mongodb-compass-1.19.12-win32-x64.msi」をダウンロードしたので、ダブルクリックしインストーラーを起動

「Next」をクリック

問題なければ「Next」をクリック

「Install」ボタンをクリック

インストールが開始されます

「Finish」をクリックすれば完了