windows10 管理者権限でソフトを実行する方法

windows10 管理者権限でソフトを実行する方法

利用するソフトによっては管理者権限でないと、正しくソフトが起動しない場合がありますが、管理者権限を一般ユーザーに付与する訳にもいかないので、その対処法を記載
※資格情報にはパスワードが保存されるのでセキュリティとして完璧とは言えません

runas /savecred コマンドで実行

このオプションを利用すると資格情報に保持されるため、管理者のパスワードを入力しなくても、管理者権限で実行することが可能になります

ちなみに資格情報の削除は

追記

こちらのrunaというツールを使えば、もっと便利に簡単に実現できました。

ダウンロードした「runasa27.zip」を解凍し、64bit環境なので「RUNASA64.EXE」を実行

起動画面

試しに、test.batを登録してみる。

※高度なオプションの「RUNASAサービス使用」のチェックを外す

登録ボタンを押下するとディスクトップに実行ファイルが作成され、管理者として実行することが可能になる